永久脱毛が体に悪い!?副作用やトラブルまとめ

永久脱毛は基本的に体に悪い作用はない!

永久脱毛によるレーザーによる影響は基本的に体に悪い影響を与えません。
皮膚ガンや病気になるのではという声もありますが施術時における肌トラブルのみになりますので副作用はないです。
永久脱毛で使用するレーザーの光の赤外線を危険視する方もいますが、日本医学脱毛協会は紫外線などの体に悪い影響を与えるものとは全く違うと発表しており、永久脱毛は体に悪い作用を絶えず副作用もありませんから心配せずに施術を受ける事ができます。

永久脱毛による副作用

クリニックで施術する永久脱毛では毛根を破壊するほどの強いエネルギーが肌にかかるため、炎症など一時的になんらかの副作用が考えられます。代表的なものは火傷が挙げられ、もともと肌の色が黒かったり乾燥肌やアトピーなど皮膚が弱い方は部分的に火傷になる可能性が高くなります。また毛穴に繁殖していた雑菌がレーザーの熱により破壊されますが、バリア機能も弱くなっているため雑菌が入りこみ炎症を起こすことを毛膿炎といいます。毛穴の周囲が赤みを帯びたり、ニキビのようになることもあります。医師の診察が必要なためこのような症状が出た場合は速やかに相談し、治療薬を処方してもらいます。こういった肌トラブルに素早く対応するため、対処法を知っておくことが肝心です。

永久脱毛で汗が増える?

口コミなどでワキの永久脱毛をしたら汗の量が増えたという書き込みを見かけることがありますが、これは事実ではなく錯覚です。ワキ汗が毛に付着しなくなったぶん衣服に染みやすくなるため、汗の量が増えたかのように勘違いしてしまうのです。
実際に脱毛によってワキ汗が増えることはありません。ワキ毛の脱毛はワキガの症状がある人には効果的で、悪臭を防いで肌を清潔に保つのに適しています。永久脱毛には副作用がありませんので、安心して施術を受けてください。

永久脱毛で起こる肌トラブルとは?

プロによる永久脱毛をする方が増えてきましたが、その中でも永久脱毛として効果が高いのが医療脱毛です。これは、クリニックなどで行うレーザーを照射して行う脱毛で、黒色の毛に反応するレーザーを皮膚に照射してその熱で毛母細胞を破壊させて毛の再生を止める方法です。これによる肌トラブルはとても少ないですが、まれに敏感肌やアトピー肌の方に赤みを帯びた炎症を起こす場合があります。これは肌バリアが弱まっている状態の場合に起きやすいのですが、しっかりと事前にカウンセリングを行い肌質を確認すること、そして乾燥を防ぐ保湿を行う、肌を冷やしてから施術する、アフターケアをしっかり行うなど配慮されるので火傷などのトラブルはとても少ないです。もし万が一の場合にも医療機関であることから迅速な対応を行ってもらえる安心感があることから肌の弱い人ほど医療脱毛は向いているとも言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です